看護部

病院のご案内

交通アクセス

お問い合わせ

看護部

看護部ご挨拶

手稲いなづみ病院看護部ホームページをご覧いただききましてありがとうございます。


当院は、急性期から慢性期への移行が困難で、手厚い医療、看護を必要とされている患者さんの入院を、お受けしている病院です。
私たちは、看護を必要としている患者さん・ご家族に新たな健康に対する認識をいただくとともに、医療チームによるカンファレンスを設け、ひとり一人をより理解して、回復への支援をさせていただいております。
まだ歴史の浅い病院ではありますが、人工呼吸器から離脱できない患者さん・人工透析を必要としている患者さん・ターミナルの患者さんから「こんな看護を受けられて良かった」 「またここで治療を受けたい」と思っていただけるようなかかわり・コミュニケーションを心がけ看護をすすめております。 患者さん・ご家族から、新たな健康状態に対する不安・ご心配・ご意見などについていつでも声をかけていただける関係を築き、「その人が、その人らしく」を尊重して、清潔で安心できる環境と看護を提供したいと考えております。

看護部長

ページの先頭へ

看護部の理念

当院の理念 「期待に応える医療を提供」を基盤にして

  • 看護を倫理的思考から捉え、看護の対象者へ
    やさしさと思いやりの心で生活・回復を支援します
  • 専門職業人としての知識と判断力をもち
    安心・安全・信頼の看護を実践します

ページの先頭へ

基本方針

  • 看護の対象者の生命と人権を尊重し、生活・回復への支援する
  • • 地域の医療機関や他職種と協働し、チーム医療で継続した看護を実践する
  • • 社会人・専門職業人として能力向上に努め、研鑽を積む

ページの先頭へ

病院・看護部の概要

許可病床数

95床(3階病棟48床・4階病棟47床)

人工透析

20床

施設基準

障害者施設等 10:1入院基本料

診療科

内科・呼吸器内科、消化器内科、腎臓内科、糖尿病・内分泌内科、リウマチ科、リハビリテーション科、人工透析

看護師の指導体制

各部署の教育チームによる指導体制
プリセプターシップ体制
 看護技術体験研修
 医療機器取り扱い ・ 体験研修
  安全な看護実践を目的に、当院の特殊性・入職者の経験に
  合わせ全員に研修を実施しております。

夜勤体制

2交代制

看護部委員会活動

今年度は、業務の重複・間隙をなくし、当院の特殊性に合わせた看護を深化させる目的から、看護業務検討委員会を設けました。
委員会活動は、前年度活動の評価結果と社会の動向を踏まえ、本年度の目標と活動計画を掲げ看護部として機能しています。

目的
1.各委員会を推進して、看護の質向上をはかる
 1)看護の対象者の安全が確保できる
 2)看護実践能力の標準化をはかる
2.看護部・各部署の委員会活動を通し、
  自己研鑽できる

看護者指導委員会
・看護者が当院の特殊性を理解し、安心して看護ケアができるよう支援する
・職場環境の整備・点検をおこない指導体制を整える
教育委員会
・院内研修の企画・立案・実施・評価と研修後のフォローアップ研修
リスクマネジメント委員会
・医療安全チェックリストによる、スタッフの作業チェックを定期的に実施し、手順遵守の習慣化に向ける
・各部署内の5Sの推進と定期的監査の実施 ・評価
感染予防委員会
院内ICT委員会と連携をとり院内感染防止の活動
・「標準予防策」 の遵守に向けた啓蒙活動
記録委員会
・看護記録の監査を実施し、記載基準の遵守と標準化に向ける
・部署内の記録に関する強み・弱みの把握と、記録の改善に向けた啓蒙活動
業務委員会
・看護手順の見直し、新規作成
・活用される看護手順の作成と、看護の標準化に向けた啓蒙活動
・インシデント・アクシデントレポートを下に、看護手順の監査を実施
看護業務検討委員会
・業務点検と改善を図り、確実なスキルを身につけ質の高い看護サービスに向けた活動

医療チームによる院内カンファレンスの開催

・入院患者さん、退院予定患者さんのカンファレンスを実施し、チーム医療を推進しております。

院内職員研修

職員研修は、病院主催・看護部主催の研修を年間計画としてまとめ実施しております。看護部主催の研修では、新たに経験10年以上・5年以下の看護師研修を開始しました。
・院外研修出席後は、伝達の場を設け、院内職員共有の学習機会として還元しております。
・各部署と専門職としての研鑽を目的に、毎年「院内実践報告会」を実施しております。

チーム医療の推進

1.チームカンファレンスの開催
入院患者さんのチームカンファレンスを開催し患者さん・家族の理解につとめるとともにカンファレンスを患者さんが「いつでも、何処でも質の高いケアが受けられる」機会として捉え、情報を後方連携病院へ繋いでおります。
2.臨床工学技士による入浴時の呼吸管理
チーム医療の一環として、臨床工学技士による人工呼吸器や他の医療機器の管理及び、呼吸器装着患者さんの入浴時の呼吸管理をおこなっています。

ページの先頭へ




医療現場において、ケアを受ける側も、ケアを提供する側も互いに尊重され、いきいきとした生活が構築できるような職場でありたいと考えています。
病院見学もお受けしておりますので、ご連絡ください。

現在の募集情報はこちら


お電話でのお問い合わせは下記までお願いいたします。
TEL:011-685-2200

受付時間
午前9:00~午後12:00まで  午後1:00~午後5:00まで

ページの先頭へ

ページの先頭へ