スタッフブログ

病院のご案内

交通アクセス

お問い合わせ

スタッフブログ

スタッフブログ

「平成28年度上半期の看護部研修を振り返って」

  • 2016年12月06日(火)
  • 今年度から教育委員会は、各部署から委員を選出し、「医療チームの一員として自己の果たす
    役割を理解し、患者個別性のある看護過程の実践・評価・修正・調整ができる看護職の育成」
    を年間目標に掲げました。委員会が現場の声を吸い上げやすい強みを活かし、医療依存度の高
    い現場ですぐ活用できるもの、学びを深めたいものを重点に研修の優先度や内容を検討し11月
    まで5つの研修を実施しました。毎回35名前後が参加し、アンケートでも色々な意見を頂いてお
    ります。研修風景を掲載します。
    今後は、院内委員会との連携・調整を図り、職員が学びを活かし安心して業務できる研修を開催
    していきたいと思っています。
                                平成28年12月1日
                                手稲いなづみ病院 看護部教育委員会
    ファイル 426-1.jpg

    看護部教育委員会主催 「伝達講習」 10月1日(木)

  • 2015年10月06日(火)
  • 看護部では、年2回伝達講習を行っています。
    研修に参加したスタッフが、そこで得た知識や学びを職場の仲間に伝達し、共有しあい日々の看護実践に活かすことを目標として取り組んでいます。

    今回は2名の看護師が伝達講習をされました。
    「その人らしい最期を迎えるために」(吉原さん)
    「エンド・オブ・ライフ・ケア」(工藤さん)

    ふたつの講習は、緩和ケアや看護倫理など共通する部分が多くあり、参加者はそれぞれのエッセンスを関連付けて学ぶことができました。
    「患者さんと共にいること」「看護師が『傍らにいる』ことの意味」を、これからも私たち看護師は考え続けていかなくてはならないと強く感じました。
                                                          看護部

    ファイル 355-1.jpg ファイル 355-2.jpg

    「全日本病院学会 in 北海道」

  • 2015年09月17日(木)
  • 9月12日(土)・13日(日)に、全日本病院学会がロイトン札幌で開催されました。
    毎年、当院看護部は全日本病院学会に演題を発表していますが、今年度は開催地が地元・札幌ということもあり、病院全体では4演題、看護部からは3演題を発表しました。

    「外来における看護師間の情報共有に向けた取り組み」(外来・荒井さん)
    「オムツ交換時の臭気軽減への取り組み」(病棟・吉原さん)
    「透明文字盤を使用した脳幹梗塞後後遺症患者と看護師との関わりでみられた変化についての検証」(病棟・長野さん)

    日々の看護実践のなかで、「もっと改善できるのでは」「こう工夫してみたらより良いケアにつながるかもしれない」と感じたこと、気付いたことを行動に移し、臨床の場で成果を出し、学会の場で発信することができる。
    そのような力をもった仲間達を、とても頼もしく感じました。

                                                     看護部

    ファイル 351-1.jpg ファイル 351-2.jpg


    ファイル 351-3.jpg ファイル 351-4.jpg

    ページの先頭へ